Ride Beer Win !!

ロードバイクに乗って、ビール飲んで、勝つ!

低酸素ジムに行ってみた

さて先日の富士ヒル試走振り返り(2回目)で課題としていた、低酸素濃度への対応として、低酸素ジムへ行ってみました。

f:id:sugiken17:20220603154457j:image

コースは30分のバイク。

バイクはジムによくあるアレです。

低酸素の仕組みは、口に呼吸器?をつけるタイプです。

ジムの人の説明では、高度に順応するというより、パフォーマンス向上に効果があるとのことです。

いい効果が出るなら、もはやなんでもいいです。藁にもすがる思いでレッツゴー。

 

まずは想定標高2000mでスタート。

事前にパルスオキシメーターで計測した酸素飽和度は98。

これが10分経たずに70まで低下しました。

ジムの人曰く、高度に弱い人はこうなるようです…。私は、弱い…。うう…。

 

標高1500mまで落として、2倍〜2.5倍で20分ほど回してると、酸素飽和度は90まで戻りました。

ようやく身体が慣れたようです。

最後の5分を標高1700mまで上げましたが、酸素飽和度は90のままでした。

 

体感的にはキツくはないのですが、低強度なのに汗だくになりました。低酸素状態では代謝が上がるためこうなるそうです。

終わってからしばらくすると、身体がグッタリしてきました。

まあ、あれだけ汗出してれば疲れますよね…。

 

レーニングの効果は翌日から表れる人、3日後に表れる人と、それぞれだそうです。

 

さて、効果のほどや以下に!